私が定期購読している雑誌を紹介します。

■会社でビジネス雑誌を

私は、次のビジネス書を【会社】で読むことにしています。

ハーバードビジネスレビュー日本版
選択
週刊東洋経済
週刊ダイヤモンド
日経ベンチャー

読むといっても、昼休みという短い時間を利用しますので、イメージとしてはパラパラと情報を検索するというイメージでしょうか。

そうして、興味のある記事だけを読み、特に重要と思うものはコピーします。


これらの雑誌をチェックする理由は次のとおりです。

1.大量の情報に接する

 大量の情報に接することで、業界の進んでいる方向が見えてきます。また、どのような意見があるのかがわかり、矛盾はないのか、広い視点での判断ができるようになるのです。


2.雑誌を比較する

 たくさんの雑誌を読むことで、比較ができます。比較することで、雑誌ごとの特徴が見えてきます。これは一つの雑誌を読んでいるのではわかりません。


3.漏れをなくする

 一つの雑誌で、「これは!」という情報は一つあるかないかです。それでも、読まなければ、その情報を逃す可能性があります。まず、ざっと読んでみることが大切なのです。

【私がビジネス雑誌を定期購読する理由】
私は、次の5つのビジネス雑誌を定期購読しています。

日経ビジネス
プレジデント
日経トレンディ
日経ベンチャー
月刊「致知」


どうして、ビジネス雑誌を定期購読をしているのでしょうか。

その理由は次の3つです。

1.ビジネス情報の基礎が作れます

 私は小学校の頃、モーターファンという雑誌を読んでいました。父が定期購読していたからです。そのせいか、日本車の名前は全て知っていましたし、最新の技術についても熟知していました。このように、雑誌を毎月、毎週、読んでいるだけで、しらないうちに基礎力がつくのです。不思議ですね。


2.買う手間がはぶけます

 定期購読をすると勝手に家まで送付してくれますので、買い忘れることがありません。あくまで、読み続けることが大切です。継続することが大切です。


3.安くなります

 定期購読すると1割くらいの割引があるようです。家まで郵送してくれたうえに、安いのですから、これは使わない手はありません。


 できれば、会社で購読するようにしてください。会社の経費で仕事に役立つ情報を読めるし、同僚も読めますから。もし、会社で購入するのはだめだ!!という会社であれば、自分で購読しましょう。でも、その会社の将来は怪しいかもしれませんね。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら